INFRONEER Holdings Inc. INFRONEER Holdings Inc.

ニュース

2024.07.10
お知らせ

ESG投資指数「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」 の構成銘柄に初選定

 インフロニア・ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:岐部一誠、以下「当社」)は、世界最大規模の年金運用機関であるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)がESG投資の指数として採用している「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index(以下「本インデックス」)」の構成銘柄に初選定されたことをお知らせします。

 本インデックスは、ロンドン証券取引所グループ傘下のFTSE Russell社が開発した世界的なESG投資指数で、各セクターにおいて相対的に、ESG(環境・社会・ガバナンス)の取り組みに優れた日本企業のうち、脱炭素経済への移行を促進するため、GHG排出量改善の取り組みが評価された企業のみが組み入れられたインデックスです。
 GPIFにおいてもパッシブ運用のESG投資指数として、本インデックスを採用しており、サステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価などにおいても、重要な投資判断基準として活用されています。

 当社は、GPIFが国内株式を対象に採用する6つのESG指数のうち、すでに「MSCI日本株ESGセレクト・リーダーズ指数」、「S&P/JPX Carbon Efficient Index」、「Morningstar Japan ex-REIT Gender Diversity Tilt Index」の3つに選定されており、今回の本インデックスにおける選定は、4つ目となります。
 インフロニアグループは、「総合インフラサービス企業」として、「良質なインフラサービスの提供とその社会的価値の向上を図る」事業を通じ、インフラサービスを取り巻く社会課題解決に取り組んでいます。引き続き、あらゆるステークホルダーの皆さまとの信頼関係を築きながら、持続的な企業価値向上を目指します。

※FTSE Blossom Japan Sector Relative Index
https://www.lseg.com/en/ftse-russell/indices/blossom-japan#t-ftse-blossom-japan-sector-relative-index
※GPIFのプレスリリース
https://www.gpif.go.jp/esg-stw/20220330_esg_adopt_jp.pdf

■当社のサステナビリティに関する詳細は下記よりご覧ください。
https://www.infroneer.com/jp/sustainability/

<問い合わせ先>
インフロニア・ホールディングス株式会社
経営戦略部 サステナビリティ推進室
E-Mail:CSR@infroneer.com

ESG投資指数「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」 の構成銘柄に初選定

一覧に戻る