JP / EN

インフロニア・ホールディングスは、株主・投資家をはじめとする関係者に対して、正確かつ公平、適時に情報開示を行い、信頼関係の構築および理解の促進に努めてまいります。

1.情報開示の基準

インフロニア・ホールディングスは、金融商品取引法等の関連法令や上場証券取引所の適時開示規則に基づき、情報開示を行います。この他にも当社の判断により、関係者への理解に有効と判断できる情報については、報道や当社のホームページで積極的に開示します。

2.情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所のホームページに公開します。東京証券取引所の適時開示情報閲覧サービスに公開した情報は、当社のホームページ掲載等で広範に開示します。

3.将来の予測について

インフロニア・ホールディングスが発表する将来の計画および見通しは、公表時点で入手可能な情報に基づき合理的であると判断する一定の前提によるものです。したがって、実際の業績はさまざまな不安定要因等で、異なる結果になる可能性がありますのでご承知おき願います。

4.沈黙期間について

インフロニア・ホールディングスは、決算(四半期を含む)情報の漏洩防止および公平性の確保のため、決算期日の翌日から、決算発表日までを沈黙期間と定め、原則として決算に関する質問への回答を控えています。但し、この期間において業績予想が大きく変化する見込みがでてきた場合には、適時開示規則に従い適宜公表します。

5.その他

当社ホームページの情報検索においては、本ディスクロージャーポリシーとあわせて、別途掲載している「サイトポリシー」をご参照願います。
また、特定のアナリストやマスコミ等の第三者のいかなるコメント、業績予想、評価などについて、支持することはいたしません。